人生いろいろあるけれど、、、、、

nnhishikk.exblog.jp
ブログトップ

「生きがい講座」…有明海沿岸道路にかける期待

春に武雄の宇宙科学館に行った際、今日のこの日のために買った<金環日食>グラスも使わずじまいに終わってしまった今朝。002.gif
その時間帯は部屋の明るさがより暗くなったことだけ実感。

気をとりなおして、参加希望していた「生きがい講座」に出かけました。
佐賀市立本庄公民館で今日から開催される講座。
第1回目は「有明海沿岸道路にかける期待」というテーマで佐賀大学名誉教授の荒巻軍治先生の講座でした。

現在、沿岸道路は大牟田南~大川間と嘉瀬南~久保田間が開通していて、すでに私も利用済みです。
高速道路と違って無料というところがいいですね。

この道路は需要に押されて計画された道路というより、開通後どのように地域開発に活かすかが求められる道路だということです。
観光の活性化や医療搬送のスピーディ化に役立つようです。

工事における有明粘土とよばれる軟弱地盤対策には佐賀大学低平地防災研究センターの三浦哲彦教授の研究が大きな成果を挙げたこと。

また、昇開橋や三重津海軍所跡など歴史的遺産に配慮した筑後川・早津江川橋梁の説明がありました。
そしてその説明の中に、<デ・レーケ導流堤>というものがでてきました。
これは佐賀と大川に架かる新田大橋を渡る時、それも干潮時にだけ見ることができる筑後川の真ん中を分ける、まるで道路の中央分離帯のような構造物です。

私はそれまでこの構造物を不思議に思って見ていましたが、今日の講座で疑問が一気に解決しました。

今から遡ること明治時代、オランダから招かれた土木技師ヨハネス・デ・レーケ師が築いたものでした。

導流堤を造ることにより筑後川上流に向かって右側の流れを早め、土砂などの堆積物が船舶の航行を妨げないようにしたものでした。
b0030191_7205724.gif
新田大橋を渡るたびになんとなく疑問に思っていたことが、今日の講座で解決しました!
身の回りにあることで知らないことがいっぱいあるんだなぁと思い知らされました。

明日は、日新公民館で「佐賀学講座」を受講する予定です。
身近で知らないことをいっぱい学ぼうと思っています。
by nnhishikk | 2012-05-21 22:24 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nnhishikk.exblog.jp/tb/18326270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by andante61 at 2012-05-22 22:45
こんばんは。
昨日の金環日食、残念でしたね。
日食グラス、私も買って楽しみにしていたのですが(涙)
nnhishikkさんは学びの姿勢が素敵ですね。「生きがい講座」は、何回まであるのでしょうか。私も本当に知らないことばかりです。<デ・レーケ導流堤>というのも、初めて知りました。
次は、「佐賀学講座」 頑張って下さいね。そして新しい知識、またブログアップして下さいね。
Commented by nnhishikk at 2012-05-24 09:53
◆アンダンテさん
いつもなんとなく見ていた景色が実は歴史的価値があるものだなんて・・・
講座に参加して本当に良かったと思いました。
実は昨日の夕方、新田大橋を渡りました。
干潮で導流堤を隔てた左右の堆積物の量の違いがよ~くわかりました。
今度じっくり周辺を歩いて写真を撮ったりしてみたいなぁと思っています。
佐賀学講座の第1回目も参加してきました。
築地反射炉のことだったんですけど・・・
初参加の私には内容が難しく感じられました。
しかし、砲弾の実物を触ることができました!
片手で持ち上げるのが困難なくらい重たかったです!!