人生いろいろあるけれど、、、、、

nnhishikk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カチガラス( 11 )

焼鳥?かちがらす

b0030191_14374840.jpg

JR‐S駅南口近くにある焼き鳥屋さん。
ここを通るたびに<焼鳥 かちがらす>のネーミングと、のれんのお気楽カラスを見て笑みがこぼれるんです。
ちなみにこの写真は信号待ちのときに運転席から撮った一枚です。
結構うまく撮れたでしょ(^_-)
[PR]
by nnhishikk | 2005-08-17 14:51 | カチガラス | Trackback | Comments(5)

カチガラスの巣が撤去された。

b0030191_1618010.jpg今朝、けたたましい音を立てて車が2台家の前に止まった。1台は電気工事の人が乗るゴンドラの付いたクレーン車。もう1台は荷台が大きなトラック。
<カチガラスの巣をとりに来たんだな>とピンときた。
b0030191_16183652.jpgデジカメを持って2階に駆け上がり、一番近くの窓からシャッターを押した。
実は去年、初めて撤去作業を見ていたが、運よく今年も見れるだろうかと思案していたところだった。
b0030191_16191997.jpg手際よい作業であっという間にトラックの荷台に置かれた巣。親鳥はこんなにたくさんの枝を運んできていたんだね。
それにしても今年はいろんなことがあったなぁ・・・。
1羽だけ無事に巣立っていったヒナは今頃大きくなっただろうか・・・。
[PR]
by nnhishikk | 2005-07-21 16:31 | カチガラス | Trackback(1) | Comments(4)

元気に巣立ったヒナまでも・・・

b0030191_22271986.jpg今日の夕方、麦刈りを終え家に帰る途中のことでした。

カチガラスが一羽、道端の黒いものの側からサッと飛び去っていくのが見えました。

なんだろうと思い、ゆっくり車を走らせて開いている窓から外を見ると・・・

なんと先日巣立ちをしたばかりのカチガラスのヒナが死んでいるではありませんか。
カーコと同じ大きさだったので一目でカーコの兄弟だとわかりました。
ショックでした。

私が育てたカーコに続き、元気に巣立ったはずのヒナまでもが・・・
真っ黒カラスか、猫か、それとも車にひかれたのでしょうか。

素早く飛んで逃げることができなかったんでしょう。

家に着くと「お帰りー」と玄関先に出てきた娘に早速話しをしました。
娘も大変驚きましたが、ヒナをカーコの側に埋めてやろうと言いました。
私も全く同じ考えだったので、すぐに小さなショベルと新聞紙を手にヒナの所へ引き返しました。

ヒナの側には赤い血と麦が数粒落ちていました。
道路脇の麦田から食べようととったものでしょうか。

家に戻ると早速カーコのお墓の隣りにスコップで穴を掘り、ヒナを埋め、娘が摘んだ庭のツツジの花を飾り、線香を立てて合掌しました。

親鳥にちゃんと育ててもらって巣立ちをしてもこんな悲しいことがあるんだなぁ。
自然ってなんて厳しいんだろうと娘と二人、しみじみ話し合いました。

これで我が家の前の電柱の巣から飛び立ったヒナはたった1羽になりましたが、どうかその1羽は親鳥と一緒に大きくなるまで無事に育って欲しいと願っています。
[PR]
by nnhishikk | 2005-05-15 23:33 | カチガラス | Trackback | Comments(4)

悲しいお知らせ。

 昨日の深夜、カチガラスのヒナ、カーコが死んでしまいました。
夜は段ボール箱の中で静かに寝ているはずのカーコが、昨夜はダンボールをコツコツと叩く音が聞こえたのでそっと中を覗いてみました。

するとカーコの体がねじれたようになっていて、動きも悪く、一目で一大事だということがわかりました。

すぐに私の手のひらに乗せ、携帯カイロで体を温めたり、ティッシュに湿らせたスポーツ飲料を口ばしに与えたりして様子をみました。

時折つむった目を開けたり羽を動かしたりすることがありましたが、スポーツ飲料を口を開けて飲み、羽を大きく一回広げたきり、動かなくなってしまいました。

 **********
 ヒナといってもちゃんと毛は生えそろっていて、あとは飛べるようになるだけに成長していたので、1ヶ月くらい家で育てて、上手に飛べるようになったら家の外にいつもいる親鳥に返してやろうと思っていたのですが・・・私の考えが甘かったようです。b0030191_1511050.jpg

 我が家で過ごした10日間、それはもう元気で、食欲も旺盛、私の姿を見るとピィピィと足元に駆け寄ってくる姿はとても愛らしかったのですが・・・こんなに突然死んでしまうとは思ってもいないことでした。

何が悪かったのかいろいろ考えてみたり・・・

様子がおかしいと感じてすぐに動物病院の先生に診てもらい、薬まで飲ませたのに、それでもダメで・・・

最後は慕っていた私の手のひらで息を引きとったのだから・・・と自分を納得させてみたり。

それでも私の心は悲しみと後悔でいっぱいです。

 今回の出来事は17年間、カチガラスの巣の近くに暮らしていて初めての経験でしたが、またヒナが落ちた時は、どんなに大きく成長していても県の方に連絡をして専門家に育ててもらおうと思いました。

 **********
 今朝は娘と二人で、動かなくなったカーコのまわりに玄関に飾っていたナデシコの花を敷きつめ、手を合わせました。

家の外に出て巣を見上げると、皮肉にも残った2羽のヒナが巣の上から電線にピョンと飛び移ることができるようになっていました。b0030191_15315610.jpg

カーコも天国で、きれいなメタリックブルーの羽を広げて思いっきり羽ばたいてほしいです。

カーコ、助けてあげられなくて本当にゴメンね。
[PR]
by nnhishikk | 2005-05-12 15:49 | カチガラス | Trackback | Comments(7)

カーコを病院に連れて行きました。(・へ・)

b0030191_1741184.jpg

10日前に巣から落ちたカチガラスのヒナ、カーコ。
いつも元気なので午後はダンボールの中から出し、廊下と階段で飛行訓練をするのが日課になっていました。

今日の午後もダンボールからカーコを出して、私は用事に出かけたんですが、家に帰ると娘が異変に気づいたんです。
ピィピィ鳴く声がかすれ、真っ赤だった口の中が白くなっていたんです。
私たちの姿を見てかけよってくる足取りも心なしか元気がないようです。

ちょうど老犬まるの薬を動物病院に取りに行かなくてはいけない時期だったので、迷わずカーコも連れて行くことにしました。

カチガラスは国と県(佐賀県)の天然記念物に指定されているから、自分の手に負えなくなったときには役場に相談するとよい、ということを先生から聞き、とりあえず元気が出るようにと小さく砕いてもらったお薬ももらいました。

家に着いて早速お薬を飲ませました。b0030191_1842676.jpg
きっとピィピィ鳴きつかれたんじゃないかなぁ・・。
あまり鳴いて喉も乾燥してたんじゃないかなぁ・・。

今は段ボール箱の中で物音ひとつ立てず、ぐっすり眠っているみたいです。
[PR]
by nnhishikk | 2005-05-11 18:12 | カチガラス | Trackback | Comments(4)

カーコと命名。

b0030191_23442067.jpg

昨日(2日)、巣から落ちたカチガラスのヒナ。
今日(3日)は一段と元気になって、私が近づくと大きな口を開け、びっくりするほどピィピィ鳴いてエサをねだる。

時折、羽を広げたりするので箱の外に出してみることにした。
手のひらに乗せたらすんなり私の腕に行き、その後背中まで這い上がった。
手や服にウンチやおしっこをつけられたが怖がりもせず元気だったのが嬉しかった。

エサをあげるのに名無しのゴンベでは不自由なので<カーコ>と命名した。
でもピィピィ鳴くので、つい<ピーコ>と言ってしまう。b0030191_23445188.jpg
おいおい、<ピーコ>は辛口評論家だろ、と自分にダメだし。(苦笑)
[PR]
by nnhishikk | 2005-05-04 00:10 | カチガラス | Trackback | Comments(8)

カチガラスのヒナが落ちた!!

b0030191_14551554.jpg

 早朝、愛犬まるの散歩に出たら、家の前にある電柱の上でカチガラスのヒナがピィピィ、元気よく鳴いて巣の上に這い出てきているのが下から見えた。
だいぶ大きくなっているんだなぁと思って家の中に入った。

 朝の支度をしている時、親鳥がいつもより「カチカチ」とうるさく鳴いているので娘が外を見ると、なんとカチガラスが猫を威嚇しているのが見えたそうだ。
そんなこともあるもんだ・・と思いつつ、娘を送り出すと、すぐに娘が戻り「お母さん、カラスのヒナが巣から落ちているよ!」と家の中の私に叫んだ。

 慌てて電柱のそばに行くと・・いた、いた。
毛も生えそろって大きく成長したカチガラスのヒナが1羽。
落ちたヒナが猫から襲われそうだったから、親鳥が猫をつつくように威嚇していたのかもしれない。

 このままではまた猫に襲われると思い、小さな箱に入れ、外に這い出ないように上からザルをかぶせた。
ヒナは外傷もなく元気だ。b0030191_14552611.jpg
時折無邪気にくちばしを大きく開ける。

 捕獲してから1時間近く我が家の屋根では2匹のカチガラスが「カチカチカチ」とうるさく鳴きつづけていた。
かわいそうだが人間も親鳥も、ヒナをもとの電線の上の巣に戻すことはできない。
落ちたヒナはすでに大きく成長していて、飛べるようになるまでもう一息のようなので、どうにか死なずにすみそうな気がした。

 県鳥にも指定している佐賀県のホームページを見ると、県が保護をして一人立ち出来るようになると人里離れた場所に放鳥するとあった。
それなら親鳥のいるこの近くで放鳥したほうが、後で親子の対面ができると思い、一人前に飛べるようになるまで面倒を見てみようと思った。

 家の中にヒナを入れ、<落下ヒナのレスキュー>というサイトで育て方を調べてみた。
割り箸の先をくちばしにつけ、水分補給をする。
パンくずは消化不良をおこすから与えない。など、など・・。

 これからは老犬の世話に加えて、カラスの世話も初体験だ。

 ヒナが空を飛べるようになるまで・・がんばってみよう!
[PR]
by nnhishikk | 2005-05-02 16:08 | カチガラス | Trackback | Comments(2)

ヒナの泣き声が聞こえた・・かな。

b0030191_16394376.jpg

カチガラスの巣、とっくに完成したみたい。

親鳥が近づいたら<ギー、ギー>(私にはそう聞こえた)という声が聞こえたので、ヒナがかえってエサをもらってるんじゃないかなぁ・・。
[PR]
by nnhishikk | 2005-04-27 16:47 | カチガラス | Trackback | Comments(4)

だいぶできてきたね、、、

カチガラスの巣。
b0030191_012405.jpg

[PR]
by nnhishikk | 2005-02-05 00:13 | カチガラス | Trackback | Comments(4)

からすの大群

b0030191_174468.jpg

今日、用事から帰ってくると家の屋根の上をカラスが何十羽も旋回して飛んでいた。(写真はいっぱいのところをうまく撮れませんでしたが)

カーカーうるさくて、いったい何事かと思うほどだった。




b0030191_17444098.jpg
ほんとになんだったんだろう。

怖いくらいだったんです。



巣作りのカチガラスの夫婦も迷惑そうだった。


b0030191_17451696.jpg
[PR]
by nnhishikk | 2005-01-22 18:03 | カチガラス | Trackback | Comments(4)